« 八坂物語 2・バイト先には綺麗な人が多かった | トップページ | 八坂物語 4・思わぬ小悪魔出現 »

八坂物語 3・ドキドキ秀峰楼にて

綾はその日、社員の森田さんから突然言われた。

「藤川さん、今日は秀峰楼にヘルプで行ってくれる?
谷さん担当のとこ、知ってるやろ?あの・・・・倉木さんと一緒に入って」

「はい」

                        ・

心の中では小さい小人が小躍りしているような気持だったが
あからさまに喜ぶわけにはいかなかった。

言われた時間までに、五条まで行かなければならない。

同じバイト仲間の倉木 晶(くらき あきら)と一緒に向かった。

空を見上げると、薄い銀色の曇り空で、
霧雨のような細かい雨が降ったりやんだりしていた。



やっと着いた。



秀峰楼は格式のある旅館で「政府公認」という文字が看板の横に
金色の文字で書いてあった。
その金色も時間とともに色が濃くなっているようで余計に
いかめしく見えた。


アルバイトは横の従業員専用入り口からそっと入る。

「ああ、お疲れさん。場所はすぐに分かった?」

濃紺のスーツを来た谷さんが奥から出てきた。

「はい」

谷さんに呼ばれて、後ろをついて行くと、従業員の人達に
紹介された。



秀峰楼の人達に軽く挨拶をして、渡された真っ白なエプロンをつけた。

「そろそろ、お客さんが帰って来られるえ。
 挨拶しとくれやす、・・・さあ一度言うてみて」

ベテランの仲居らしき人に挨拶の練習をするように言われた。


「これが京都弁ってやつやね」


倉木 晶がいたずらっぽい顔をして綾に囁いた。



たくさんの仲居と一緒に玄関に並んで、今晩のお泊りのお客様に挨拶をした。




「ようこそ~、おこしやす~」

 
「おこしやす~、お疲れさんどした~」

が決められた挨拶だった。

これを、玄関で頭を下げながら丁寧に言う。




玄関に来た修学旅行生達は

「おお、京都だ」などと口々に言っていた。

谷さんは他の仕事があるらしく、お出迎えはしていなかった。

綾ともう一人のバイトの晶は売店の開店準備に入った。

                        ☆

「修学旅行生のみなさんは夕飯を済まされて、7時より入浴です。

 それからその前後、6時半より順番にお土産を買いにこられます。

 よろしくお願いします」

とここの社員さんから説明を受ける。

綾はこのバイトを始めてから、他の旅館にもヘルプで入っていたので
およその流れは分かっていた。

要は限られた時間内に修学旅行生にお土産を売るのだった。



時折、着物を着た年配の仲居さんが忙しそうに売店の前を通る。

修学旅行生の食事の時間なのかもしれない。

                        ☆

お土産タイムがきた。

見る見るうちに、人だかりができた。

お土産の売店のスペースは目が行き届くように
一階のロビーの端っこにあったが、かなり狭めだった。

お釣りを間違えないように細心の注意を払う。

お金が合わなければ谷さんに迷惑がかかるだろう。綾はそう思っていた。


「お姉さん、何歳?」学生が聞く。

「18」

「へえ、若いじゃん。こんなとこで何やってるの?」

(バイトです。放っといてください。)

東京から来たというその中学生はかなり長いこと、

売店にいた。なんでも楽しい年齢なのだろう。

「彼氏いるの?」とか「大学行ってるの?」
とか綾にとっては余計なことばかり聞いてくる。

「ええ、お姉さんこんなとこにいたらダメじゃん~」

「ん?」

(大学は来年行くつもりだから・・・・)

「あの、今仕事中やから・・・堪忍してください」

まあ、普段使いもしないような言葉を口にしてしまった。

その中学生はこの「かんにん」という言葉にウケたのか、友達と
ニヤニヤ笑っている。

「かんにんだって・・・」

しかし、当の綾は素早く計算しなければならず、釣銭間違いも
したくないので、一生懸命だった。

ここには小さい簡易型のレジしかなかった。

 

2時間ほど経っただろうか。やっと戦いの時間が終わり、売上の計算をした。

また中学生の何人かは、階段を下りて話し掛けにやって来る。

「お姉さーん、今何してる?」

「お仕事です」

「なんだつまんないな」

「寝る準備とかせんでええの?」



「お前ら、部屋に戻れよ・・・ああ、すみませんね」

ジャージを来た先生とおぼしき人が生徒を呼びに来たようだった。

若い先生はこちらに向かって軽く会釈をした。

 

 

|

« 八坂物語 2・バイト先には綺麗な人が多かった | トップページ | 八坂物語 4・思わぬ小悪魔出現 »

八坂物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401181/23183777

この記事へのトラックバック一覧です: 八坂物語 3・ドキドキ秀峰楼にて:

« 八坂物語 2・バイト先には綺麗な人が多かった | トップページ | 八坂物語 4・思わぬ小悪魔出現 »