カテゴリー「鬼塚さん」の記事

美月の「渋メン」小説。新ジャンル設立バンザイ!!

鬼塚さん 9・入院

あらすじ:主婦の桃井園子は2010年に自治会の役員の時にお世話になった
同じ町内の鬼塚さんに一言では言い表すことが難しい感情を抱いていた。

鬼塚さんは、会社の元社長で現在は息子さんに会社を任せている。
十年以上前から病気の奥さんの世話をしながら、地域の大きな役も
続けている。


さて、そんなある時来年度の役員選出会議に参加した園子は。

「あーーあ、まさかの展開だったけど、なんとかなるか」

でも早く鬼塚さんに報告しなければ、と考えていた。

続きを読む "鬼塚さん 9・入院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼塚さん 8・二度目のバレンタイン「待ってないやろっ。チョコなんて」

気付けば、日差しは時折春の明るさになっている。

けれど、桃井園子にとって1月の終わりから2月は記憶がないほどに忙しかった。
いや、忙しいというのではないかもしれない。

ただ、子どものうち誰かが風邪を引いていたり、インフルエンザで
小学校が休みになったり・・・とにかく平日なのにいつも子どもが家にいる状態
だったのだ。
そのうち一度は子どもがインフルエンザA型にかかっていた。

続きを読む "鬼塚さん 8・二度目のバレンタイン「待ってないやろっ。チョコなんて」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鬼塚さん 7・「水臭いじゃないですか」

鬼塚さんから電話をもらった次の週、地区の運動会の練習日があった。
元の練習の予定日は水曜日だったのが雨のために金曜日の夜に
変更になっていた。

電話を切る時に鬼塚さんは確かに
「次は練習でお会いしましょう」と園子に言ったのだった。
金曜日なら子どもを連れて練習にも行きやすい・・・水曜日なら無理かも
と思っていたけど。

続きを読む "鬼塚さん 7・「水臭いじゃないですか」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼塚さん 6・電話

 ああ、気付けばもう10月。平成23年度ももう半分は終わってしまった。
園子は月日が立つスピードの速さにいつも驚いているタイプの人間だが、
やはり今年も同じように驚いているのだった。

今年は気候がどこかおかしくて、
秋とは名ばかりと思うような暑い日もあるが、園子は秋が過ごしやすくて好きだった。

昨日のこと。
3歳の末っ子を保育園に預けて仕事を始めた友人から久しぶりに連絡をもらった。
園子はその友人と2時間ほどウォーキングをした後、自宅で話していた。

自宅に帰る途中で、鬼塚さんの家の前を通った時、車が無かったので
お出かけだと思っていた。

続きを読む "鬼塚さん 6・電話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

鬼塚さん 5・さよなら

 3月の打ち上げをもって、園子の自治会の仕事は終わった。

(本当に終わってみたらあっと言う間ね)園子は思っていた。今となっては何もかもすべてが懐かしい。

そうそう・・・結局ホワイトデーのオチはこうだった。

続きを読む "鬼塚さん 5・さよなら"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼塚さん 4・雪のバレンタイン

一年などあっと言う間に過ぎていく。園子は最近つくづくそう思っていた。
去年の3月に役に当たってから、自治会の仕事が始まると思うとなんだか暗い気持ちになっていた。

でも、どうにかこうにか終わりが見えてきたら・・・もう終わりかあ・・と思う自分がいた。
(ずいぶん助けてもらったなあ)

続きを読む "鬼塚さん 4・雪のバレンタイン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鬼塚さん 3・ああっ、もう我慢できない

 鬼塚さんとは何かと行事で一緒になる機会の多い園子だったが・・・中でも色んな意味で忘れられないのは秋の大運動会だった。

(作者より;この回はいつもより長くなると思われます。お時間のある方はゆっくり読んでくださいね。笑っていただければ私はとっても喜びます)

続きを読む "鬼塚さん 3・ああっ、もう我慢できない"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鬼塚さん 2・僕はあなたを助けます

 自治会での委員の仕事はいくつかあった。
生涯学習委員会の所属になった園子は年に数回その会議の行われる市役所に行かなければならなかった。

でも園子は車の運転が出来ない。
ある時、鬼塚さんもその一つの会議に一緒に出席することになった。

続きを読む "鬼塚さん 2・僕はあなたを助けます"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鬼塚さん 1・もうすぐ春だな

 ああ、もうすぐ私のお役目も終わりかあ。桃井園子は思っていた。楽しかった自治会の仕事ももうすぐ終わる。
普段は母親であり、妻である園子は「一人の女の子」として扱ってもらえたこの一年に甘い快感を覚えていた・・・。思い返しても・・・夢見る乙女のようなとろんとした顔になれる。

続きを読む "鬼塚さん 1・もうすぐ春だな"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新連載「鬼塚さん」始まります

 今回は「渋メン」=渋い男性(60代後半)になぜか惹かれてしまう主人公桃井園子の話です。
妄想90%。今のところは下書きゼロです(笑)
後は周囲にいる楽しい大人の人を参考にさせていただきます。

今回は恋愛要素は???
大人の方に少しでも笑っていただけたらなあと思います。

また不定期更新になると思いますが・・・よろしくお願いします。

                                    美月

| | コメント (6) | トラックバック (0)