カテゴリー「変ある」の記事

ある意味で変態

変態小説、ある意味   3・わたしは

もしかしたら、既に書いたことがあるかもしれない。

私にはちょっと変わった性質がある。

それは人の顔と姿を覚えること。覚えようとして覚えるのではない。

勝手に覚えてしまうのである。
これも突き詰めればきっとちょっとおかしな領域に
入ってしまうだろう・・・。

続きを読む "変態小説、ある意味   3・わたしは"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変態小説、ある意味   2・affection 流血騒ぎ

affection

続きを読む "変態小説、ある意味   2・affection 流血騒ぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変態小説、ある意味   1・電車にて

 私にはちょっと不登校の娘がいる。彼女ももうすぐ17歳。

高校二年生。

まあ、それはいいのだ。

今回の話は電車の中で起きた話。私の事を知ってもらういい機会に
なるかもしれない。

続きを読む "変態小説、ある意味   1・電車にて"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変態小説、ある意味   プロローグ  

変態とは①正常でない状態。
       ②形を変えること。変わった形。
      ③動物が成長の過程で時期により形態に大きな変化を生ずること。
      ④変態性欲の略。またはその傾向を示す人。
         
                        {旺文社  国語辞典より}

 私の書こうとする話は、残念ながら④ではない。念の為。

              

続きを読む "変態小説、ある意味   プロローグ  "

| | コメント (0) | トラックバック (0)